今、「便」が熱い?下から攻めるヘルスケアベンチャー

今、ヘルスケアベンチャーの中で、便が熱いことをご存知だろうか?

うんこ(ち)からヘルスケア界隈で戦うベンチャー達を紹介する。

ウンログ

main

ウンログは、いいウンチを増やす為に美容健康に大切な「毎日の快便」をサポートするアプリである。

小便、大便の記録をアプリ上で記録する。どんな色、形のおしっこやウンチかを記録することで、日々の自分の健康状況を確認することが出来る。また、ウンチやおしっこを写真に撮って記録することも出来る。(さすがにこれは恥ずかしい。筆者も一回だけ試してみたが)

ウンコのアプリというキャッチーなところが、人気をよび、様々なメディアに取り上げられている。代表本人がかぶり物をしてピッチに登壇しており、ヘルスケア系イベントに行くとひときわ目立つ。

ダウンロード

最近では、ウンチから派生して、アスリートの腸内環境プロジェクトなども始めており、着実に地歩を固めている。

トリプルダブリュージャパン

トリプルダブリュージャパンは、D Freeという小型の簡易超音波検査器具を提供するヘルスケアベンチャーである。

D Freeとは、中西代表が留学中にうんこをもらした屈辱的な体験から始まったIoTサービスである。

超音波を用いて便排泄を予測し、アプリで事前に通知することで、スムーズにトイレで排泄することが出来る。

(筆者も小学校の塾のトイレでうんこをもらしたことがあり、そのズボンのまま、家に帰宅したことがある。もう二度とあんな思いはしたくない。)

トリプル ダブリュー ジャパンは昨年7月にクラウドファンディングで1200万円以上を獲得し、今年の7月には、この商品1本で、シリーズAで5億円を調達した。

世界初!排泄予知ウェアラブル「DFree」先行予約、受付開始!(Ready For?)
Triple W Japan、シリーズAで約5億円の資金調達を完了(PR TIMES 2016/7/4)

バカン

Throne__スローン____トイレ空席管理IoTサービス

バカンは、トイレの空き状況を1秒で分かるThroneというサービスを立上げるヘルスケアベンチャーだ。

D Freeは個人からアプローチするのに対して、Throneは施設内のトイレからアプローチしているところがユニークだ。

エンジェル投資を中心にスタートアップを支援するSupernovaなどでピッチプレゼンを行う等、現在サービス展開に向けて精力的に取り組んでいる。

以上3つのベンチャーを今回紹介した。今後、この3つのベンチャーの取り組みに期待したい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA