ホスピタリティワン、退院支援ナビを今秋リリース予定

株式会社ホスピタリティワンは、病院と訪問看護ステーションとの間の退院支援手続きを効率化する「退院支援ナビ」を今秋にサービス開始させる予定だ。

<退院支援とは?>

退院支援とは、退院後の生活に困難を抱える可能性のある患者に対して、自宅で安心して療養出来るように支援、ケアを行うことである。

初心者の退院支援看護師さん必見!退院支援について0から解説!(看護ワールド 2016/2/28)
これからの看護師に必要な「退院調整能力」(yomiDr.医療・介護系求人 2011/2/16)
退院調整看護師 | 67%の病院にある退院調整部門が担う役割とは(みんなの看護部 2016/4/20)

現在、患者の在院出来る日数が短縮化されており、特に急性期病院の場合、14日以内の退院が目標とされ、入院時から退院支援を行う必要がある。
また、退院支援を専門とする退院支援看護師という役割も存在する。退院支援が必要な患者の選別から、各医療スタッフとの打ち合せ、計画の策定などを行う。

退院後に自宅療養を支援するサービスとして、訪問診療、訪問看護、訪問介護などが挙げられる。また、地域のデイサービスやショートステイ等も自宅介護の負担を軽減するサービスとして活用される。

どんなサービスが必要かを、医療ソーシャルワーカー等と連携し、地域のケアマネージャーとも連絡をとりながら、調整する。しかし、患者ごとに状況が異なり、その都度、メールや電話等で連絡をとりながら調整するため、非常に手間がかかる。

訪問看護をするにあたっても、退院する患者を全て受け入れられる訳ではないので、病院側と交渉しなくてはならず、非常に大変である。

このように、退院支援は、一筋縄ではいかず、病院側も訪問サービス側も、その都度大変な苦労をしているのが現状である。

 

<退院支援ナビとは?>

 

退院支援ナビは、退院支援における病院側と訪問看護ステーション側のやりとりをより簡単に出来るようにする。

病院側は、これまでどこの訪問看護ステーションが患者の受け入れ可能か分からず、自分達で調べて探し、個別に連絡をとっている。その為、非常に手間がかかり、苦労しているのが現状だ。

退院支援ナビは、訪問看護を必要とする患者の退院をアシストする為に病院と訪問看護ステーションの効率的なマッチングをするWebサービスを提供する。

退院予定の患者の情報を登録すると、情報は同じく退院支援ナビに登録している訪問看護ステーションと共有され、条件の合うステーションとのマッチングを行う。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-11_18_00_30

 

病院は訪問看護ステーションの手配の負担を減らすことができ、訪問看護ステーション側も受け入れ可能な分だけ、依頼を受けることが出来る。

両者のニーズをうまく可視化することで、退院支援の手間を少しでも減らすことが出来れば、患者にとっても、病院、訪問看護ステーション側にとってもメリットが大きいだろう。

 

<退院支援ナビ:ホスピタリティワンの次の一手>

ホスピタリティワンは、自宅療養の訪問看護から看取り、葬儀までを一貫して提供する業界唯一の取り組みをしてきた。

業界の中では異例であるが、患者家族に寄り添ったサービスを提供することで、様々なメディアから取り上げられ、創業者への信頼も厚い。

ホスピタリティワンの次なる一手、「退院支援ナビ」は、ホスピタリティワンのビジョンを更に押し進めるだろう。

<参考URL>
退院支援ナビ
ホスピタリティワンとは?(ホスピタリティワンHP)
おくりびとアカデミー
退院支援加算1を取得する上で必要な視点ー先が見えない時代の戦略的病院経営(32)(CB news management 2016/5/9)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA