東京都医師会「医療とITシンポジウム」(2017/3/11)

東京都医師会で毎年恒例で開催している「医療とITシンポジウム」が今年も開催されるそうだ。

医療連携システムからPHRまで、「地域包括ケアに必要な医療IT」と題して講演が行われる。

所属の医師会経由の応募になるようなので、参加資格は医師であることが前提だが、
お時間があれば、是非参加してみてはいかがでしょうか。

前回までの講演は、こちらから、ホームページを下にスクロールするとご覧に慣れます。

<以下詳細>

第29回 医療とITシンポジウム
メインテーマ:「地域包括ケアに必要な医療IT」
日時:平成29年3月11日(土) 15:00~17:45
会場:東京都医師会館(地図)

〔報  告〕
医療IT化に関する調査について
東京都医師会医療情報検討委員会委員長        黒 瀬   巌

地区医師会IT化の実態と意識に関するアンケート調査について
東京都医師会医療情報検討委員会副委員長       吉 本 一 哉

〔特別講演〕
ITを活用した県全域の医療介護連携の実際
~栃木県「とちまるネット」「どこでも連絡帳」~
栃木県医師会常任理事                長 島 公 之

〔講  演〕テーマ:ICTを利用した医療連携
1. 現状の病診連携ツールの概略について
東京都医師会医療情報検討委員会委員         深 沢 祐 之

2. 病診連携ツールの問題点、今後望まれる機能について
東京都医師会医療情報検討委員会委員         矢 田 雄 滋

3. 東京総合医療ネットワークについて
東京都医師会地域医療連携システム構築検討委員会委員長
日本医科大学病院教授                林   宏 光

4. MeDaCa:患者さん用PHRと医療機関との架け橋サービス
メディカルデータカード株式会社 代表取締役社長   西 村 邦 裕

〔パネルディスカッション〕地域包括ケアに必要な医療IT

■参加申し込み
・会員:所属の地区医師会を通じて申し込み
・非会員:以下の問合せ先に直接連絡

○問合せ先
東京都医師会 広報・医療情報課
電話:03-3294-8834(直)
メール:kouhou@tokyo.med.or.jp

<前回の講演>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA