GoogleのDeepMindのヘルスケアAIはデータ管理にブロックチェーンを使う?

この記事はBitcoin.comの記事を筆者が英訳したものです。

また、本記事であがっているDigital Health Newsは、海外のもので、当メディアとは異なります。

<以下本文>

(出典:youtube)

(出典:youtube)

DeepMindは、シミュレーション、アプリケーション、およびゲームプロトコル用のアルゴリズムを構築するソフトウェア会社だ。同社は、ビデオゲームのプレイ方法を学ぶ機械学習プラットフォームの作成で有名だ。 DeepMindは、人間の短期記憶を模倣するニューラルチューリングマシンも構築した。最近、同社はLondon NHS Trustとの5年間の契約に署名し、その技術を医療に適用した。しかしながら、これは患者データのプライバシーに関する論争を引き起こしている。

(出典:youtube)

(出典:youtube)

CityAMの出版物によれば、Googleの広報担当者に伺った話によると、DeepMindは、「ブロックチェーンのような」技術をヘルスケア戦略に使用する予定だ。共同設立者のMustafa Suleyman氏は、このソフトウェアを「一般的な透明性」を実現するために「分散的かつ不可能な方法」で使用することを詳述している。さらに、同社は暗号技術者の中でも代表格であるBenLaurieを雇い入れた。 DeepMindは、ブロックチェーンと暗号を理解しているソフトウェアエンジニアも探してきた。

DeepMindの採用ページでは以下のように書かれている。

「この役割は、DeepMindのインフラストラクチャにセキュリティと透過性の両方を提供するために、さまざまなテクノロジー、機能、静的分析/正式な方法、「ブロックチェーン」(Bitcoinではなく)を含む革新的なソリューションの開発に取り組む。幅広いアプリケーションに対応しています」

<AIと結合したヘルスケアを強化するブロックチェーン>

DeepMindとLondon NHS Trustとの契約は、病院の患者の腎臓の問題を区別するアプリケーションを構築することだ。この試験は、Royal Free London Streamと連携して、急性腎障害(AKI)の危険にさらされている人々を特定するものだ。

「これは、医者や看護師に情報を伝えるアプリケーションであり、多くは私たちが携帯電話でニュースのアラートを受け取る形をとっています。医師が早期により効果的に介入できるならば、AKIの死亡者の4分の1が予防可能であることがわかっています」とRoyal FreeのメディカルディレクターStephen Powisは述べている。

(出典:youtube)

ブロックチェーン技術、医療、AI、およびIoTの概念はますます絡み合っている。2016年4月には、ブロックチェーン企業Gemが多国籍企業フィリップスと提携し、ブロックチェーンのヘルスケアアーキテクチャを構築した。もう1つの有名企業であるIBMは、エネルギーと資本をブロックチェーンのAIプロトタイプに費やしている。さらに、ドイツに拠点を置くIBM WatsonはThomas Jefferson University Hospitalsとこのブロックチェーンプロトコルに取り組んでいる。

DeepMindは過去1年間Royal Free(=London NHS Trust)と協力してきたが、プライバシーに関する懸念があった。ICO(Information Commissioner’s Office)はDigital Health Newsに対し、プロジェクトの特定のプライバシー面について問い合わせていると語った。 ブロックチェーンプロトコルで作業を開始することで、DeepMindはプライバシーの問題に対する批判を真剣に受けているようだ。ブロックチェーン技術を用いたとすれば,DeepMindとRoyal Freeが協同して、データを安全な方法で配布し、透明性を保つことができるのかも知れない。

<参考URL>
A milestone for DeepMind Health and Streams(DeepMinds)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA